デジカメ入門NAVI TOP → 上手な撮り方 ズーム機能とその使い方

ズーム機能とその使い方

ほとんどのデジカメには、遠くのものを大きく写したり、フレームに入る範囲を調節できるズーム機能がついています。ズームを望遠にすると、被写体が大きく写り、逆に広角にすると、被写体は小さく写るようになります。このようにズームというのは、被写体の大きさや、写す範囲をコントロールすることが出来るとても便利な機能です。

しかし、ズームの設定によっては、大きさや範囲だけでなく、写り方も変わってしまうことがあります。具体的に言うならば、画質が悪くなってしまうことがあるのです。デジカメには、ズームする方法に、デジタルズームと光学ズームの2種類ありますが、画質が悪くなってしまうズームは、このうちのデジタルズームを利用した場合になります。

デジタルズームは、実際には、焦点距離を変えて、写る画像の大きさを変えているわけではなく、ただ写った画像を引き伸ばして、望遠で撮影したように見せているだけなので、画素数が減ってしまい、ぼやけてしまうのです。一方、光学ズームは、焦点距離を変化させて撮影していますので、望遠鏡で覗いたように、被写体は大きくなりますが、画素数が下がらないので、画質が変化することがありません。 ですから、ズームを利用する際には、こちらの光学ズーム利用するようにしましょう。

そして、花などを撮影する際に、その花だけに焦点をあてて、周りのものや、背景をぼかしたいと思うこともあると思われます。そこで利用すると良いのがこの光学ズームになります。利用方法は、簡単で、撮影する人がわざと被写体から離れて、光学ズームを使用し、被写体を大きくして、撮影すれば、背景をぼかして撮影することが出来るようになります。ですから、不要な部分をぼかした、良い感じの写真を撮りたい場合にも、やはり光学ズームを利用するようにしましょう。


上手な撮り方


人生を変える!「不労所得の作り方」を学ぶ為には