デジカメ入門NAVI TOP → 上手な撮り方 手ぶれの防ぎ方

手ぶれの防ぎ方

手ぶれを防ぐ方法としては、最近のデジカメでは、自動で手ぶれを防ぐ機能がついているものもありますので、それを利用するのも良いでしょう。ただ、デジカメの設定任せで、シャッターを切ると、ぶれてしまうことも少なくありません。ですから、手ぶれ防止機能を利用しながら、他の方法も合わせていくようにしましょう。

そして、その他の方法には、撮影時の構えがあります。まず、手ぶれを防ぐためにも、構えをしっかりして、カメラを固定するようにしましょう。立って撮影する場合は、足を肩幅程度に開いて、脇を締めて、両手でしっかりデジカメを持ち、カメラを固定します。もしできるようなら何かによりかかり、微動だにしない気持ちで撮影するのがベストです。そして、座って撮影する場合には、机などに肘を置いて、固定させるのが良いでしょう。もしない場合は、立って撮影するのと同じ方法で、撮影すると良いと思われます。

ちなみに、最近では携帯カメラを使って撮影する人も増えてきましたが、その場合も同じで、両手でしっかり持ち、脇を締めて撮影して下さい。

また、その他の手ぶれを防ぐ方法には、デジカメの「シャッター速度」を速く設定して、撮影する方法もあります。シャッター速度を速くすれば、一瞬の被写体を撮影することが出来るようになりますので、手ぶれに防止に有効です。また、シャッター速度を早くする方法は、決定的な瞬間を捉えるのにもおすすめの撮影方法であると言えるでしょう。


上手な撮り方


使用用途について
使用用途

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
大阪市のトランクルーム