デジカメ入門NAVI TOP → その他 携帯カメラ

携帯カメラ

携帯カメラとは、カメラ付き携帯電話のことです。携帯電話についているカメラにはCCDとCMOSの2種類があります。CCDは画像が綺麗になりますが、電池消耗が激しくなります。CMOSは電池消耗は少ないのですが、蛍光灯に反応したり、画像に模様が入ってしまいます。

また、携帯電話の画素数は、デジカメと違い、フルサイズで撮影した場合の画像粒子数をあらわしていて、だいたいが30万画素から200万画素ぐらいになります。基本的には100万画素あれば十分です。もし、もう少し、こだわりたいならば、やはりデジカメを買う方が良いでしょう。

そして、最近の携帯では、SDカードも利用することが出来るので、撮った写真をパソコンに、簡単に送ることが出来ます。また、メールへの添付も出来ますが、VGA以内のサイズでないと、添付出来ませんので、ここは注意が必要です。

今では、ほとんどの携帯にカメラが搭載されていますので、携帯の普及率を考えると、携帯カメラは、今は1番、私たちにとって身近なカメラであると言えます。そんな携帯カメラですが、ちょっとしたテクニックを利用すると、実は、デジタルカメラと同じように、綺麗に写真を撮影することが出来ます。携帯カメラで綺麗な写真を撮るには、以下のような点を頭に入れておくと良いでしょう。

●手ぶれを防ぐ
失敗写真の代表的なものに手ぶれがありますが、携帯カメラでも同じことが言えます。デジカメと同様、携帯で撮影する場合も、脇を締め、出来るだけ両手でケータイを持ち、手が動かないようにして撮ることで手ぶれを防ぐことが出来るようになります。

●シーンモードを利用
最近の携帯カメラは、カメラの設定を適したものにしてくれる「シーンモード」と呼ばれる機能が付いていますので、シーンに合わせて利用するようにしましょう。

このような点を注意すれば、携帯でも、きっと綺麗な写真を撮ることが出来るようになるでしょう。


その他


アングリッド
アングリッドならチョコアで!