デジカメ入門NAVI TOP → デジカメの基本 デジカメの構造

デジカメの構造

デジタルカメラとは、カメラとレンズが一体になっているカメラですが、構造自体は、従来のフィルムカメラと同じ部分と、それ以外の部分にわけることが出来ます。

フィルムカメラにはボディ、光を集め焦点を結ぶために必要なレンズ、光量を決定する絞り、決められた時間にフィルムに光を当てるシャッター、撮影対象を確認するためのファインダーなどが必要になりますが、デジタルカメラでもこれらの部分は必要になります。

一方、デジタルカメラ特有の部分となると、まずは撮像素子があります。この部位は、フィルムカメラで言うところのフィルムの部分になります。主に、レンズから通ってきて集約された光(像)をデジタルデータに変換する役目があります。一般に、この撮像素子が大きい程、色再現性や感度に優れ、低ノイズですが、その一方で、高価になってしまいます。最近では低消費電力や低価格といった特徴を持つ、CMOSという種類の撮像素子が採用され、携帯電話内蔵型カメラなどにも利用されているようです。

次に、背面にある液晶モニターが挙げられます。これは、フィルムカメラにはない部位で、デジタルカメラ特有な部分ですが、あえて言うならば、ファインダーでしょうか。それは、ここで被写体を見ながら撮影することも可能だからです。また、ハイアングルやローアングルで、簡単に撮影することが出来るのもこの液晶モニターのおかげになります。

他には、保存媒体が挙げられます。この部分は、フィルムで言うところのフィルムに相当し、撮った画像をデータとして、保存する役目があります。主に、メモリーカードが利用されています。昔はコンパクトフラッシュとスマートメディアが主流でしたが、最近では小型化したということもあり、SDカードを使うことが多いようです。


デジカメの基本