デジカメ入門NAVI TOP → デジカメの基本 フィルムカメラとの違い

フィルムカメラとの違い

フィルムカメラとは、一般的に、昔良く利用されていた、フィルムや感光板を使用して、撮影を行うカメラのことを言います。デジカメと比較する際に、この呼び名が使われることが多いようです。

デジカメと違って、フィルムを印刷しなければ、撮影したものを見ることが出来ませんので、撮影した画像を見るのに手間がかかります。また他にも、フィルムの寿命があるのがデメリットになりますが、一方、フィルムによっては、引き伸ばしが強かったり、記録できる明暗の差が綺麗に出るメリットがありますので、今でも、一部の人に、人気があるカメラになります。

フィルムカメラとデジタルカメラは、レンズから入ってきた光を絞り、シャッターで制御して、内部へ導くという、基本的な構造などは、ほとんど同じものになりますので、原理的に違いは、あまりありません。ただ、大きく異なることは、撮影した像を記録する方法にあります。

フィルムカメラの場合は、フィルムに塗られた薬品を利用し、処理を行っていきますので、撮影時に光によって生じた化学変化が、像となってあらわれます。一方、デジタルカメラの場合は、入ってきた光が撮像素子にあたり、その光が電気信号に置き換えられます。そして、さまざまな処理を経た上で、メモリーカードにデータとして、記録されることになっています。

つまり、フィルムカメラは、像を化学変化で記録しますが、デジタルカメラは、像を電気的に変換し、デジタルデータとして記録しています。ここが、フィルムカメラとデジタルカメラの大きな違いであると言えるでしょう。


デジカメの基本


犬のしつけ教室について
http://pethoteltokyo.com/gyogi-page.html

こどもの排便・うんちについて相談しました
患者の気持ち