デジカメ入門NAVI TOP → デジカメの基本 デジカメの仕組み

デジカメの仕組み

デジカメとは、デジタルスチルカメラを省略した言い方で(三洋電機の登録商品のため他のメーカーはこの名称を使えない)、撮影した映像を電気信号に変換して、データをデジタルとして記録するカメラのことを言います。撮影した写真をデジタルデータとして保存することが出来ますので、パソコンに転送・保管することが出来ます。

最近のでは、小型の液晶画面がついていて、撮影したその場で確認が出来、不要ならば、撮影したデータを消去することも出来ます。また近年のほとんどの機種では、動画撮影などもすることが出来ます。さらに、フィルムのカメラとは違い、フィルムを使用しませんし、現像も必要なものだけを出来るので、長期的に使うのであれは、コスト面でお得だと思われます。ただ、デジカメは画素数が決められているため、引き延ばしてしまうと画素が荒くなり、綺麗に印刷することが出来ない場合もあります。

デジカメは、一般家庭でもデジタルデータ化した写真を、保存・閲覧・加工・転送などさまざまなことを行うことが出来るようになっていますので、パソコンの普及に伴って、ここ数年で急速に普及しました。また、デジタルデータは場所を取らず、劣化もなく、必要な分だけプリントアウトも行うことが出来ますので、一般家庭にもマッチしていたのだと思われます。

デジカメは、現在でも、小型・軽量化・高性能化など、急速に進化を続けています。高機能なものでも値段は、わりと低価格になってきていますし、これからもさらに、多くの人に使用されていくと考えられます。


デジカメの基本


ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスなら安心の日本製、専門サロンの無添加ワックスで!

http://www.amharcalainn.com/
http://www.amharcalainn.com/

マクロファージ 活性化
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nourinn/macro1.html